TOEICとは?

リスニングセクションPart3対策

TOEICテストのリスニングセクションPart3は会話問題になります。

 

2人の人物の会話を聞き取り、問題用紙に記載されている4つの選択肢から最適な答えを解答用紙にマークしていきます。

 

2人の人物の会話は問題用紙に記載されていないばかりか、放送されるのは1度きりなのです。

 

ただし、設問は放送されることになっています。

 

それぞれの会話に対し3つの問題があり、TOEICテストのリスニングセクションPart3全体で30問が用意されているのです。

 

複雑な印象を受けますが、やはり順調に解くためにはそれなりにコツを身に付けなくてはならないでしょう。

 

とはいえ、それほど難しいことが求められるわけではありませんので安心しましょう。

 

単純に、2人の人物の会話が放送される前に、問題用紙に印刷されている情報を把握しておくだけなのです。

 

速さは求められますが、日頃から問題に慣れておけば、本番で慌てる事はないでしょう。

 

問題用紙を先に読んでおくことで、会話の要点を掴むのが容易になります。

 

会話を聞いたあとで問題用紙に目を通す場合は、先に問題用紙を読んでおく場合と比較して、非常に効率が悪くなるでしょう。

 

何を問われているかが事前に分かっていないと、正答率は下がってしまいますし、問題を把握するまで余分な時間を取られてしまうでしょう。

 

余裕がない状況で2人の人物の会話を長い時間記憶しておかなくてはいけませんので、リテンション能力に自信がない人には不利になってしまいます。

 

TOEICテストは時間不足に陥ってしまう受験者が少ないため、こういったチョットしたテクニックを身に付けておくだけでも、だいぶ獲得スコアに違いが出てきます。

リスニングセクションPart3対策関連エントリー


リスニングセクションPart3対策

TOEICを受けるための勉強法やテストを効率的に受けるコツを紹介します