TOEICとは?

リスニングセクションPart2対策

TOEICテストのリスニングセクションPart2は応答問題で、出題されるのは全部で30問あります。

 

1つの問いに対する答えは1つですが、選択肢は3つ用意されているのです。

 

問題用紙に選択肢が記載されているのではなく、1度だけ放送される内容から答えを判断する必要があるため、TOEICテストのリスニングセクションPart2は難易度の高いパートでしょう。

 

スコアの取りこぼしを防ぐには、放送の内容、特に最初にどのような言葉を持ってくるのかを、注意深く聞くことが重要です。

 

例えば、問いの最初に5W1Hのいずれかが含まれている場合には、それに対応した選択肢に決めることができるでしょう。

 

逆に最初に何がくるか把握できなければ、正しい答えを導き出すのは非常に難しくなってしまいます。

 

What、Who、Where、When、Why、Howのうち、何から始まるのかは絶対に聞き逃さないように気をつけましょう。

 

この他には、過去形、現在形、未来形の違いを注意深く聞く必要があるのです。

 

聞き漏らしがあった場合、途端に正解するのが難しくなってしまいます。

 

例えば過去形で答えることが求められているにも関わらず、未来形で答えるのは当然のことながら不正解なのです。

 

これらのことに気を付けながら放送を聞くことで、何が問われているのか判断することができるでしょう。

 

TOEICテストは、スムーズに問題が解けなかったりすると、平常心を保つのが難しくなってしまいます。

 

集中力が途切れてしまうことは放送の聞き漏らしに繋がりますので、終わった問題をいつまでも引きずらずに次々と解いていくことが大事なのです。

リスニングセクションPart2対策関連エントリー


リスニングセクションPart2対策

TOEICを受けるための勉強法やテストを効率的に受けるコツを紹介します