TOEICとは?

リスニング・リーディング対策

TOEICを受けるための勉強法やテストを効率的に受けるコツを紹介します

リスニング・リーディング対策エントリー一覧

リスニングセクションPart1対策
TOEICテストのリスニングセクションPart1は、写真描写問題が10問出題されます。問題用紙の文章を頼りに問題を解くのではなく、1枚の写真と、1度だけ放送される説明文から答えを導き出します。ただ、説明文は4種類あり、その中から最も答えとして相応しいものを解答用紙にマークする必要があります。単純な仕組みですが、絶対に取りこぼしたくないパートと言えるでしょう。TOEICテストのリスニングセクションPart1では、写真から瞬時に必要な情報を読み取る能力が求められます。例えば写真の人物や風景に注目し、...
リスニングセクションPart2対策
TOEICテストのリスニングセクションPart2は応答問題で、出題されるのは全部で30問あります。1つの問いに対する答えは1つですが、選択肢は3つ用意されているのです。問題用紙に選択肢が記載されているのではなく、1度だけ放送される内容から答えを判断する必要があるため、TOEICテストのリスニングセクションPart2は難易度の高いパートでしょう。スコアの取りこぼしを防ぐには、放送の内容、特に最初にどのような言葉を持ってくるのかを、注意深く聞くことが重要です。例えば、問いの最初に5W1Hのいずれかが...
リスニングセクションPart3対策
TOEICテストのリスニングセクションPart3は会話問題になります。2人の人物の会話を聞き取り、問題用紙に記載されている4つの選択肢から最適な答えを解答用紙にマークしていきます。2人の人物の会話は問題用紙に記載されていないばかりか、放送されるのは1度きりなのです。ただし、設問は放送されることになっています。それぞれの会話に対し3つの問題があり、TOEICテストのリスニングセクションPart3全体で30問が用意されているのです。複雑な印象を受けますが、やはり順調に解くためにはそれなりにコツを身に...
リスニングセクションPart4対策
TOEICテストのリスニングセクションPart4は説明文問題になります。短い英語(アナウンスやナレーションなど)を聞き取り、問題用紙に記載されている4つの選択肢の中から、答えとして相応しいものを決定し、解答用紙にマークするのです。アナウンスやナレーションなどは問題用紙に印刷されていませんし、1度しか放送されません。ちなみに設問については、放送されるだけでなく問題用紙にも記載されています。1度の放送内容に対し3つの問題があり、TOEICテストのリスニングセクションPart4全体で30問が用意されて...
リーディングセクションPart5対策
TOEICテストのリーディングセクションPart5は短文穴埋め問題で、40問に設定されています。選択肢は4つありますので、その中から文章の空白部分に入るものを選び、解答用紙にマークすることになります。TOEICテストのリーディングセクション対策は、問題を解くスピードに磨きをかけておくことです。Part5に余計な時間を取られてしまうと、Part7の読解問題に取り組む時間が無くなってしまいます。少しでもPart7を解く時間を確保するためにも、Part5を解く時間は1問につき30秒程度に設定しましょう...
リーディングセクションPart6対策
TOEICテストのリーディングセクションPart6は、長文穴埋め問題になります。4つの選択肢の中から文章の空白部分に適する言葉を選び、解答用紙にマークしていくのです。長文穴埋め問題は全部で12問あります。TOEICテストのリーディングセクションPart6を解く上で、最も重要視されるのはスピードでしょう。時間配分としては、1問につき45秒を目安に考えておきましょう。あまり時間をかけてしまうと、Part7の問題を解く時間が不足してしまうからです。もし本番で45秒を超えるような状況に陥ってしまった場合...
リーディングセクションPart7対策
TOEICテストのリーディングセクションPart7は読解問題になっています。多くの受験者はPart7を解く時間を確保できずに苦しんでいますが、Part5は1問につき30秒、Part6は1問につき45秒の目安を守れば、なんとかこなすことができるはずです。ちなみにTOEICテストのリーディングセクションPart7は全48問(1つの文書は28問、2つの文書は20問)で構成されています。2つの文書を読んで解答する問題はダブルパッセージ(Double Passage)と言いますが、新TOEICテストから採...