TOEICとは?

TOEICテストとリスニング能力の関係性

TOEICテスト攻略の鍵を握るのがリスニング能力なのです。

 

TOEICテストで高い獲得スコアを目指すのであれば、問題を解くまでに日本語を介していては非効率です。

 

英語を聞いたら、英語で言葉の意味を理解し、英語で答えを導き出せるようになるのが望ましいでしょう。

 

とはいえ、普段から英語に慣れ親しんでいる人でなければ、このような思考回路を持つのは困難と言えます。

 

身に付けるためには、やはり相応の労力を費やさなくてはいけません。

 

ただし、ひたすら英語を聞いていればリスニング能力を身に付けられるというわけではありません。

 

同時にスピーキング能力を高める努力をしていかなければ、リスニング能力を高めるのは難しいと言われています。

 

理由としては、発音できない英語は聞き取れないという仕組みが関係しているようです。

 

リスニング能力の向上が見られない人は、ここに原因があるのかもしれません。

 

スピーキング能力を高めることができれば、リスニング能力やリーディング能力にも良い影響があらわれてきますので、積極的に話す習慣付けをしましょう。

 

また、スピーキング能力の学習に適した教材やスクールは数多くありますので、活用してみるのも良いでしょう。

 

英語にはこれらの他にライティング能力がありますが、やはり聞き取れること、話せることで学習効果には違いが出てくると言われています。

 

リスニング能力を高めるため、スピーキング能力に磨きをかけることで、TOEICテストだけでなくTOEIC SWテストなど、他のテストに挑戦するキッカケになるでしょう。

 

また、実際に英語でコミュニケーションを図る際にも大きな自信となるでしょう。

TOEICテストとリスニング能力の関係性関連エントリー


TOEICテストとリスニング能力の関係性

TOEICを受けるための勉強法やテストを効率的に受けるコツを紹介します