TOEICとは?

TOEICテスト教材の選び方

TOEICテスト対策ができる教材の種類は非常に多く、実際に購入する際には迷ってしまい、なかなか決められなかったりします。

 

無難に公式教材を選択するのも良いのですが、より幅広く学習したい場合には、他の教材を選択せざるを得ません。

 

TOEICテストに対応した教材は、大きく分けると次のような特徴があります。

 

・全体的なTOEICテスト対策ができる教材

 

・模擬テストで実力を確かめられる教材

 

・的を絞って学習できる教材

 

・目標スコア別に対策ができる教材

 

一度でもTOEICテストを受けた経験がある人なら、的を絞って学習できる教材や、目標スコア別に対策ができる教材が良いでしょう。

 

しかし初心者の場合には、全体的なTOEICテスト対策ができる教材で、試験の雰囲気を掴むことが大切です。

 

そして模擬テストで実力を確かめられる教材を使い、何度も解いてみることで、自分の長所や短所を把握しましょう。

 

何が自分に足りないのかが分かり、学習すべきことが見えてきます。

 

その結果、的を絞って学習できる教材で、実力の底上げをすることができるようになります。

 

また教材を選ぶ際には、著者や問題作成者の確認が欠かせません。

 

ポイントはTOEICテストを受けた経験があるかどうかですが、ない場合はその教材は避けたほうが良いかもしれません。

 

具体的なスコアまで把握できればなお良いのですが、受験の経験があったほうが教材に収録されている内容には信憑性があるというものです。

 

これらのことを踏まえた上で教材を選択すれば、大きな失敗をしてしまうことはまずないと言えるでしょう。

TOEICテスト教材の選び方関連エントリー


TOEICテスト教材の選び方

TOEICを受けるための勉強法やテストを効率的に受けるコツを紹介します