TOEICとは?

TOEICテストの受験票

受験の申込を済ませると、大体TOEICテスト本番の2週間前に、受験票が発送されてきます。

 

記載事項は、受験番号や試験会場などです。

 

受験番号は、TOEICテストを受ける際に必要なのは当然ですが、受験後の問い合わせの際にも必要になります。

 

試験会場に関しては、会場名、所在地、案内図が掲載されています。

 

至極当然のことではありますが、紛失しないよう、大切に保管する必要があります。

 

受験票が届かない場合には、(財)国際ビジネスコミュニケーション協会に問い合わせをしなければいけません。

 

この時に気を付けなければいけないのは、受験票の未着に関する問い合わせ期間が設けられていることについてです。

 

期間内に連絡がない場合には、TOEICテストを受けないものとして判断されてしまうため、自分には無関係の問題と軽視していはいけないのです。

 

そのため、事前に問い合わせ期間と、連絡先を控えておくことが大切でしょう。

 

この他にも、受付時間は24時間ではありませんし、土・祝日の問い合わせは不可能なことも覚えておきましょう。

 

ちなみに未着に関する問い合わせは、基本的に本人がしなくてはいけません。

 

しかし、受験者が未成年の場合、保護者が連絡することが考えられます。

 

この場合、受験者の保護者であることが確認できた段階で、電話、文書といった形で回答を受けられるようです。

 

回答は受験申込時に登録した連絡先に対してされるため、いざという時に繋がらない、確認できない状態に陥らないようにしましょう。

TOEICテストの受験票関連エントリー


TOEICテストの受験票

TOEICを受けるための勉強法やテストを効率的に受けるコツを紹介します