TOEICとは?

TOEICの結果判定

TOEICテストの結果は合否で判定するのではなく、スコアで判定されるというというのが特徴です。

 

また、獲得したスコアに紐付けられた5段階のレベル(A〜E)に分けられるため、各受験者が実力を把握するのに役立つでしょう。

 

ちなみにこれは、TOEICスコアとコミュニケーション能力レベルとの相関表、PROFICIENCY SCALEと呼ばれています。

 

TOEICスコア860〜はレベルAに該当し、評価(ガイドライン)ではNative Speakerには届かない部分があるものの、正しく英語を理解し、自由自在に使いこなせる能力があるとされています。

 

730〜855はレベルBに該当し、評価(ガイドライン)ではレベルAほどではないものの、円滑なコミュニケーションに求められる能力はひと通り身に付いているレベルとされています。

 

ちなみにTOEICテストのスコアとしては、この辺から評価が低くなってくると考えて良いでしょう。

 

470〜725はレベルCに該当し、評価(ガイドライン)では、語彙力がある程度身に付き、日常生活など限定的な場面でのコミュニケーションを取ることができる能力があるとされています。

 

220〜465はレベルDに該当し、評価(ガイドライン)では、能力不足は否めないものの、会話の相手がNon-Nativeに気を遣いさえすれば、単純なやり取りができないわけではないとされています。

 

そして、TOEICテストにおいて最も評価が低い〜215点はレベルEに該当し、評価(ガイドライン)では、英語の理解力が乏しく、コミュニケーションを取ることができる段階まで能力が身に付いていないとされています。

TOEICの結果判定関連エントリー


TOEICの結果判定

TOEICを受けるための勉強法やテストを効率的に受けるコツを紹介します