TOEICとは?

TOEICテストの内容

TOEICテストは、リスニングセクションとリーディングセクションに分けられ、全部で200問、2時間に渡って行われるのです。

 

リスニングセクションとリーディングセクション共に100問ずつなのですが、時間はリスニングセクションが45分、リーディングセクションが75分に設定されています。

 

また、リスニングセクションは4つのパート(Part1〜4)に分けられ、リーディングセクションは3つのパート(Part5〜7)に分けられているのです。

 

例えば、リスニングセクションのPart1は写真描写問題で10問、Part2は応答問題で30問、Part3は会話問題で30問、Part4は説明文問題で30問が出題されます。

 

そして、リーディングセクションのPart1は短文穴埋め問題で40問、Part6は長文穴埋め問題で12問、Part7は読解問題で48問が出題される事になっています。

 

ちなみに、Part7の読解問題は、1つの文書が28問、2つの文書が20問と分けられていることを覚えておいた方がよいでしょう。

 

また特徴的なのは、TOEICテストはすべて英文で構成されているという点でしょう。

 

そのため英文和訳、和文英訳といった問題が存在しないのです。

 

設問の問いを理解する能力があらかじめ身に付いていなければ、TOEICテストの攻略は難しいのです。

 

解答用紙、問題用紙は別に用意され、マークシート方式で行われます。

 

受験者は、各パートの設問の答えに該当すると思われる選択肢を、解答用紙にマークしていくことになります。

 

サンプル問題が用意されているため、TOEICテストが実際にどういったものなのか触れてみることで、より理解出来るのではないでしょうか。

TOEICテストの内容関連エントリー


TOEICテストの内容

TOEICを受けるための勉強法やテストを効率的に受けるコツを紹介します